カジノ業界に関する面白い統計 - ギャンブル人口は増加しているのか?

ギャンブルは、何千年も前から親しまれてきている娯楽の一つです。ひと昔前の人はボードゲームで遊んでいましたが、現代ではカジノ店舗でよく遊ばれています。すべてのギャンブラーは、幸運に恵まれて多くのお金が突然転がり込む興奮を楽しんでおり、快楽に溺れる人もいる一方で、気まぐれに遊びでやる人もいます。

新しいビジネスである「オンラインギャンブル業界」は、今後の発展に向けて、大きな変化を遂げています。年々、ギャンブル産業は拡大していますが、ここ数年で、ギャンブルのやり方は大きく様変わりしました。毎年、多くのオンラインカジノサイトが市場に登場し、ますます多くの収益を生み出しているのです。オンラインギャンブル市場は世界規模では、2019年には約500億ドルとされていましたが、2030年には800億ドルに達すると予想されています。

また、昨今の新型コロナウイルスの流行に伴うロックダウンや行動制限は、ギャンブル業界の力学と顧客の習慣を明らかに変革しました。2020年以降に導入された外出規制によって、ギャンブル業界の製品や売上に相当の影響がもたらされたのです。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う規制は、主にリアルで対面式に実施されている産業に影響を与えましたが、スポーツ試合も数多く中止されたため、その試合中止が遠隔地のオペレーターにも影響を与えていると考えられます。

インターネット業界の急速な成長とモバイル機器の普及により、オンラインギャンブルビジネスは今、非常に活性化しています。また、モバイルアプリの普及により、市場全体の成長性が高まっています。その結果、今後、インターネット利用、オンラインストリーミング、ゲームの着実な増加が、市場拡大を後押しすることは間違いないでしょう。

世界のオンラインギャンブル市場は、デバイスタイプに応じて、デスクトップ、モバイル、その他の3つのカテゴリに分けられます。2019年には、PC分野が世界のオンラインギャンブル市場を牽引していましたが、今後5年間は、特に新興国での消費者の受け入れが高まっていることから、モバイル分野が最も成長を遂げるデバイスになると予想されています。

ここ数ヶ月、家の中で時間を過ごす人が増えていることを考えると、オンラインギャンブルで遊ぶ場所として「家」が最も選ばれやすいのは当然の結果でしょう。特に発展国では、大半の人がスマホを持っており、すぐに操作できるところにあります。スマホによるオンラインギャンブルは、カジノゲームをこれまで以上にギャンブルを身近な遊びに近づけているのです。現在、最大の産業分野はリモート(もしくはインターネット)ゲームであり、ギャンブル市場では57億ポンドの売上高を生み出しています。

オンラインギャンブル分野は、インターネットユーザー数の増加によって牽引されています。2019年には、世界人口の46%以上がインターネットを利用しており、2017年の43%からずっと増加し続けています。デジタル化のため、この数字は今後も増加することが予想され、その結果、オンラインギャンブル・ベッティング分野は今後数年間においても急速に増加することでしょう。

以上、最新のギャンブル統計についてざっとご紹介しました。まとめると、若者からお年寄りまで、様々な顧客層をカバーしているオンラインギャンブル業界は、ここ数年で成長し続け、より多くの人々を魅了しています。ギャンブルは楽しくスリリングですが、ギャンブル依存症になる可能性についても知っておく必要があるでしょう。当社がお届けするニュースが、ギャンブル業界への理解を深めていただくのに役立つことを願っております。